グリセリンフリーとは?

皮膚の上の生態系

お肌には常在菌と呼ばれる様々な種類の菌が存在しています。
リパーゼ(脂肪分解酵素)を持つ菌により皮脂は脂肪酸とグリセリンに分解され、さらに多様な菌たちがその代謝物を相互に利用して皮膚の生態系を保っています。その菌種は個人差はありますが、100種以上とも言われています。

代表的な常在菌

代表的な常在菌の参考図

●表皮ブドウ球菌
“美肌菌”とも呼ばれる常在菌です。酸素を好むため皮膚表面に多く存在、皮脂や汗を栄養源に増え、この菌が増えるとお肌の水分量が上がることがわかっています。皮脂分解の課程で酸を生産し、お肌表面を弱酸性に保ち黄色ブドウ球菌などの繁殖を防いでいます。

●アクネ菌
人間の皮膚に存在する代表的な常在菌で、「皮脂を好み酸素を嫌う」性質を持つため毛穴の奥深くに住んでいます。詰まった毛穴はアクネ菌にとって絶好の繁殖環境なのです。
更に、アクネ菌はグリセリンを栄養源とし増殖することがわかっています。

●黄色ブドウ球菌
常在菌の中でも毒性が高く、ニキビを化膿させ炎症を起こしたりします。アトピー皮膚炎の方の皮膚から多く検出される菌でもあります。

健康なお肌は、これらの常在菌バランスが整っています。

こんなお肌は特に菌バランスに注意

様々なダメージを受けたことによりターンオーバーが乱れた肌
→水分が少なく固い角質が厚くなり、乾燥による吹き出物、大人ニキビの原因にも。
バリア機能が低下している・もともと皮膚が薄い方
→有害な菌の繁殖・侵入を許し易く、普通肌の人より刺激を受けやすい。

なかなか治らない肌トラブル、それは菌や菌の代謝物による、免疫反応かもしれません。

Treat Treatはアクネ菌とグリセリンの関係に注目

グリセリンは分子量がとても小さく、お肌の奥深くまで浸透します。アクネ菌にとって、トラブル肌の詰まった毛穴(酸素の無い環境)+皮脂とグリセリン(栄養源)は絶好の繁殖条件なのです。

ニキビなどの炎症を繰り返すと、過剰な免疫反応により次々とお肌のトラブルを引き起こすことがあります。その状態で化粧品の過剰な栄養を与えても、更なるトラブルに繋がるおそれもあります。まずは炎症のもとを出来る限り取り除き、バリア機能、免疫が正常になるまで休ませてあげることが大事です。

グリセリンはすでに、皮脂から分解された自然な状態で存在しているのですから、化粧品で過剰に与える必要はありません。アクネ菌への無駄な栄養源をカットすることで、より自然な肌環境に導く事ができると考えます。

お肌の生態系を壊さないこと。乱れたバランスを整える事。それがTreat Treatのグリセリンフリー処方です。

開発ストーリー

商品一覧

このページの先頭へ